気になる血糖値対策法
ホーム リンク サイトマップ

血糖値

花糖尿病は日本以外の先進国でも多くの人が罹っている病気です、糖尿病には1型と2型があります。大半の患者は2型に罹っています。そしてこの2型の予備軍の数もかなりのものですが生活習慣を変えれば予防することが出来るものです。糖尿病で本当に恐ろしいのは合併症であり、なかには命の危険に関わるものもあります。自分が2型予備軍だとわかった時点で甘く見ないで生活習慣を変えていくことが大切です。

糖尿病に大きく関わる血糖値

血糖値とはなんなのか

血糖値とは血液中の糖分の濃度をあらわすもので、糖尿病であるかどうか知るために重要です。低ければよいというものでもなく正常な範囲というものがあります。

糖尿病の種類

1型と2型の2種類があり、このどちらかにかかったかによって治療の仕方も異なります。1型は免疫機能が異常を起こし、すい臓のインスリン分泌機能を低下させることで起こり、インスリンをいつも決まった時間に打たなくてはならなくなります。なお、患者団体では1型を「インスリン欠損症」と呼び名を変えるよう国に訴えています。

まず、血糖値を測る

血糖値の測定器には会社によって様々な性能の違いがあります。また、空腹と食後では数値が異なります。食後に測定することが重視されています。

血糖値を下げるために

なぜ血糖値は上がるのか

なぜ数値が上がるのか大きな要因として食事内容と、運動不足があります。1型糖尿病の場合は感染症が原因となって引き起こされることもあります。


糖尿病に関する薬

代表的な糖尿病の薬はインスリンですが、治療薬として漢方薬やその他の薬もあります。ただし、薬物療法は糖尿病治療においては中心的な位置を占めていません。

血糖値が高い人のための食事法

食事制限をする必要はなく、栄養バランスを考えた食事を取ることが求められます。最近では患者向けの食事を宅配するサービスもあります。

血糖値を下げるための運動

運動は血糖値低下に重要な役割を果たしてくれます。ただし何らかの合併症がある人は運動量を制限するか出来ない場合もありますので、あらかじめ医師と相談してください。

その他の下げる方法

現在、糖尿病治療のため、キリンとヤクルトの合弁会社から食物繊維を手軽に取れることから「うるウォーター」という飲料水が人気を集めています。治療には長期間の湯治という方法もあります。

血糖値を上げないために

数値を上げないために予防のために他に気をつけることは歯周病や睡眠不足です。歯周病と糖尿病は相互関係にあるということがわかっています。睡眠不足が続くと糖尿病にかかりやすくなるという研究結果もあります。


▲ Back Top