気になる血糖値対策法
ホーム リンク サイトマップ

血糖値を上げないために

血糖値を上げないために血糖値の上昇には食生活や運動不足といった生活習慣だけなく歯周病も影響を及ぼしています。歯周病と糖尿病の関係、血糖値を上げないようにするのが健康への第一歩です。

歯周病に気をつける

歯周病は昔、歯槽膿漏と呼ばれていました。意外かもしれませんが口の中の病気である歯周病は血糖値にも悪影響を及ぼしています。歯茎が炎症を起こすことによってインスリンの働きを抑える物質、サイトカインが出来、血糖値の上昇を促してしまうからです。糖尿病による歯周病を糖尿病性歯周病と呼ばれています。

糖尿病と歯周病には相互関係があることがわかっています。糖尿病を患ったとわかったら、なるべく早いうちに歯医者に行って歯周病がないかどうかを診てもらえば、歯が抜けたり、歯周病に伴うその他の病気にかかるといったことを未然に防げるでしょう。

歯周病の特徴と他の病気との関わり

歯周病には強い自覚症状というものがありませんが、歯茎を良く見てみるとその特徴がわかります。一番わかりやすいのは歯と歯茎が接している所が腫れている場合です。そのほかには朝起きたら口の中が気持ち悪かったり、食べ物がかみづらくなったり、歯を磨くときに出血したりと注意していればわかる病気です。

歯周病は糖尿病以外にも体の至る所で悪影響を及ぼしていきます。歯茎の出血がひどくなると歯周病菌は血管を通って心臓に達し、血管の内側を狭くしたり心筋梗塞を引き起こしたりします。歯周病によって口の中の最近が増えると最近が肺に入って肺炎を起こす危険があります。

認知症にも歯周病が関係あるとも言われています。歯の本数が少ない人ほど認知症の進行が早いことがわかり、歯が多ければそれだけ噛む回数が増え、そのため噛むことによって脳が活性化するので、そのことと関係があるのではないかといわれています。

サプリメントをうまく使う

サプリメントをうまく使う血糖値を上げないためにサプリメントを使い分けるという方法もあります。ただしサプリメントはあくまで補助的な役割であるということを覚えておいてください。大事なことは、糖尿病の治療は食事療法と運動療法が中心であるということです。また、糖尿病の予防には免疫力を高めることが重要であるとされています。

どのようなサプリメントが良いか

糖尿病の治療や予防にはどのような栄養成分が入っているのが望ましいかといいますと。予防のためには、体の免疫力を高めるために食物繊維や新陳代謝を良くする効果のあるアロエ。血糖値を下げる効果があるアガリクス。ビタミンEの働きを助け、体内のエネルギー生産を促し、そのため体内エネルギーを多く必要とする歯周病の治療にも役立つコエンザイムQ10といった成分が含まれたものを摂りましょう。

糖尿病治療のためにはクロムやビタミンCが配合されているものを選びます。クロムは細胞の糖分吸収を促し血糖値の上昇を防いでくれます。ビタミンCは免疫機能を上昇させる働きがあります。

十分な睡眠時間を取る

十分な睡眠時間を取る睡眠時間が短い人は長い人に比べて糖尿病にかかりやすいという研究結果があります。ほぼ毎日6時間未満であると、インスリンの働きが悪くなって糖分の細胞への吸収が少なくなり血糖値が上昇し、2型糖尿病の原因になるといわれています。そのため出来れば8時間以上の睡眠時間を取ることが望ましいとされています。

また、3日間連続して睡眠不足であった場合、糖尿病になる危険が増すという研究結果もあります。糖尿病予防のためにも睡眠不足には注意してください。出来ることなら日付が変わる前に寝るのがいいでしょう。睡眠時間は8時間くらいがちょうどいいとされていますが人によってはそれ以上の睡眠時間を必要とする人もいます。

▲ Back Top